Nantongo Project ナントンゴ プロジェクト

オリジナルグッズ Original Goods

オリジナルグッズは動物園のお祭りやギャラリー等でのイベントで販売しています。
手作りで、偶然手に入った材料を使用していますので、同じものを量産することは難しいですが、お問合せいただければ、
ご用意できるものもございます。大切な方への贈り物に選んでいただければ幸いです。

一部の商品は千葉市動物公園の展望デッキ下ギフトショップで常設販売しています。

ナントンゴ・グッズの特徴
 作り手 1.メイド・イン・ウガンダ(オリジナルデザインをウガンダでアーティストに依頼して作成)
2.日本のナントンゴ又はナントンゴ・プロジェクトメンバーの作品
3.ウガンダ・日本の合作(途中までウガンダで作ったものを日本で仕上げ)
 
 題材 ハシビロコウを中心にウガンダの野生動物又はオリジナルキャラクターのアフリカ天使 
 素材 東アフリカ独特の貴重な素材と寄贈された生地や手芸材料の組み合わせ 


シュービル(ハシビロコウ) Shoebill
動かない怪鳥。動物園で大人気のハシビロコウが、ウガンダで観察できることを日本の皆様に知っていただきたく、”Shoebill by Nantongo"シリーズの商品を開発しています。
ハシビロコウ観察ツアーの詳細はこちらから(ブログにリンクします。)

 首都カンパラから約1時間のドライブとカヌークルーズに
乗り継いで、マバンバ湿地に漕ぎ入ると野生のハシビロコウに会うことができます。
 
 
ナントンゴがコンピュータで描いた図案をコンピュータミシンでポロシャツに刺繍しています。
 
プリントTシャツ販売は日本の無就業の若者を支援する活動の一環です。
 
上のポロシャツと同じ図案をウガンダ人女性に手刺繍でも作成して貰っています。
 
瓢箪はウガンダで日常的に目にします。ある日瓢箪がハシビロコウ以外の何物にも見えなくなりました。
 
瓢箪のアーティストと同じウガンダ人の若者に、レザーにも描いてもらっています。
 
ウガンダでマットやバスケットに編み込んで貰おうと考えた図案が、日本の若者のアイディアでビーズストラップになりました。

  バーククロス(ルブゴ) Lubugo − Barkcloth

   ガンダ語ではルブゴ、英語ではbarkclothと呼ばれる素材は、イチジクの一種の木の幹の樹皮を剥ぎ、たたいて伸ばして布状にしたものです。ルブゴ作りはガンダ王国で600年の歴史を持つ産業であり、ユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作」としても宣言されています。天然素材そのものの感触を是非、味わっていただきたく色々な小物に使ってみます。
ルブゴ作りの村訪問記はこちらから第1話第2話第3話(ブログにリンクします。)

 
名刺やポイントカード入れに。
 
 
ルブゴ製ビーズをペーパービーズと
組合わせたあくせさりーに。
 














シュービルのクチバシや足もルブゴです。



 アクセサリー
 ナントンゴのアクセサリーは、リサイクル紙のペーパービーズ、テラコッタ、植物の種子等、ウガンダで入手した素材を使用しています。
全て、オリジナル・手作り作品です。

 古雑誌や包装紙を利用して作られたカラフルなペーパービーズはウガンダのナントンゴ・グループの女性達によるものです。     
ウガンダで入手したビーズを組み合わせたら、アフリカの大自然のパワーと手作りのあたたかさが感じられるネックレスになりました。
 
コロンとしたハート型のビーズは、カバカンジャガラという不思議な響きのガンダ語の名前を持つ樹木の種子です。カバカンジャガラの意味は「王様は私が大好き。」
  素焼きビーズは、マケレレ大学で美術を教えているMr.Bruno Sserunkuumaにお願いして、制作過程のものを特別に分けてもらいました。


 キテンジの商品
キテンジと呼ばれるアフリカン・プリント布を使用したバッグや小物。

 
手刺繍シュービルポシェット
 
 シュービルのクチバシもキテンジ

日本の浴衣を見本として持ち込んで、ミシン職人さんに、頼んだところ、ウガンダのキテンジで上手に作って貰えました。

キテンジのネックレス

 

トップページへ to Top Page